« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

映画館に行きました

とっても人気のある映画が公開される!とのことだったので、その話題作を見に行きました。

Twilight(トゥワイライト)という、吸血鬼ものです。

0

今回行ったのは、家から一番近い映画館。AMCというところです。

1

2

午前中の上映は安く見れるって言っていたので、今回は朝10時からスタートの券を購入しました。

驚きの6ドル。(600円くらい)
新作なのに、こんなに安くていいんだろうか。

ちなみに、大人普通料金でも10ドル(1000円)です。

日本にいたときは大人1800円とか?それと比べると激安でびっくり。毎週映画見ちゃおうか!という勢いです。


アメリカに来て2ヶ月ちょいが経ちました。

が!

まだ字幕なしで映画は難しいということがわかりました。



.


 
  

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天然アザラシを見に行った

サンディエゴのラホヤの海岸に、チルドレンズプール(Children's pool)と呼ばれる入り江があります。

人工的に作られた入り江で、高い波がこないよう、子供のために作られた海岸だったみたいです。
でも何年か前からアザラシの絶好の休憩スポットになってしまったみたいで、今ではさらにアザラシ保護の動きが進み、アザラシが休憩中はアザラシに近づくことを禁止しています。
(どこまで正しいかわかりませんが。たぶんこんな感じ。)


サンディエゴ、ラホヤ(San Diego, La Jolla)の海です。

1

で、ここがチルドレンズプール。

2

ごろごろ寝っ転がってるのが全部アザラシです。
風が強くて波がとても高かったですが、この入り江だけ静かでした。

動画です!!
じっと見ていると、たまにアザラシが動きます。


 

 


 

081115. 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

べつやくさんトートもアメリカ入りしてます

以前デイリーのオンラインショップで購入したべつやくさんデザインのトートバッグもアメリカに持ち込みました。

せっかくなので、活用しました。

3

スーパーでランチになりそうなのを探し、購入したのは「Salmon Amerikan Sushi(サーモンアメリカンスシ)」です。

1

2

・・・全然すしっぽくありません。
海苔でまかれているわけではないし、ごはんも入っていません!!!

中身はサーモンのペーストと生のニンジン、上の方の黄色いのはチーズです。

・・・・これで寿司を名乗っていいのでしょうか。

味は、「アメリカンスシ」らしく、ボリューム満点。
6個くらいぺろっと食べれるかと思いましたが、4つでギブアップ。
残りは後で食べました。

でも、一ついいことがありました。

5

べつやくさんトートを持ち込むと、スーパーで5セント値引きしてくれます。
(ま、どんな袋でもいいのでしょうけど)





081108.

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メジャーデビューしました

現在、アメリカのサンディエゴというところに住んでいます。

サンディエゴを本拠地とするメジャーリーグのチーム、「サンディエゴ・パドレス」をご存知ですか?
今は移籍してしまいましたが、井口選手や、大塚選手が所属していたチームです。

そのサンディエゴパドレスのホームスタジアムはペトコパーク(PETCO Park)と言います。
ペトコパークは何年か前に行われた第一回ワールドベースボールクラシック(WBC)の決勝戦が行われた球場で、日本がキューバを下し、見事優勝をおさめた場所なんです。

ぼくは大の野球ファンということもあり、せっかくサンディエゴに住んでいるのなら一度くらいはメジャーリーグを観戦したい!!と思っていました。
でも、気が付いてみたらメジャーリーグはつい最近、今シーズンが終了してしまいました。

ああ、念願のメジャーリーグ観戦は来年に持ち越しか。。

でも来シーズンの開幕まで待ちきれず、せめて球場くらいは一目拝みたい。。。という一心で、ペトコパークに向かいました。

0

まだ渡米したてで車がないので、移動手段はバスです。
1時間ほど乗るとペトコパークのあるダウンタウンにつくらしいのですが、、

01

だんだん暗くなってきました。。もう少し早く家を出ればよかったかな。
(ふと思い立って、出発したのは5時ごろでした)



バスに乗ること、1時間20分。
やっとダウンタウンに到着しました。

02

日が暮れるのがとても早く、到着したときは完全に日が暮れていました。。

地図を頼りにペトコパークを探します。

すると、、

あ!ありました!!ペトコパークだ!!

1

試合はないはずですが、照明が灯っています!!
とても感動。。憧れのメジャー球場に来てしまいましたよ。。

せっかく来たのだからと思ってペトコパークの周りを歩いていると、一部のゲートが開いていました。

   2

どうやらメジャーリーグが終了したこともあり、現在ペトコパークは工事中の様子でした。
ここのゲートからトラックが何台も出たり入ったり。
照明がついていたわけだ。



ゲートが開いている。。




憧れのメジャーの球場。。。




何を思ったか、ゲートの監視員(上の写真の赤マルで囲った人)に交渉しはじめました。

3

        (この人)

ぼく   「Hi (やあ、こんにちは)」

監視員 「Hey (やあ)」

ぼく   「I am a big fan of Padres. (私はパドレスの大ファンです)」

監視員 「That's nice.(ナイス!)」

ぼく   「So, can I enter this gate to see the stadium?(スタジアム見たいので、中に入ってもいいですか?)」

監視員 「What? (え?)」

ぼく   「ah,,,I wanna see .. (えっと、、、その、中を、、、)」

監視員 「Just look? OK. (見るだけ?いいよ)」

ん???

OK??

What!? と言われたときは、「やっぱだめだよな〜」と思ったけど、意外にもあっさりOKと!!
さすがアメリカ人!心が広いです。

お言葉に甘えて、中に入らせていただきました。

   4

写真ぶれててすみません。あまりにも興奮状態だったもので。。

ああ、メジャーの球場はすぐそこだ。。

   5

おおお!近づいてます!近づいてますよ!!

6

ま、まさにすぐそこ!!
スタジアムの全貌が明らかになりつつあります!!

   7

おおーー!!
今、ぼくはスタジアムの中に!!!グラウンドに!!!

8

入りました!!
います!!います!!!

おおお〜〜〜〜とても壮大な!!
なんと表現してよいやら。。
ああ〜〜〜感動です!!!!

日本にいたときも、東京ドーム、横浜スタジアム、甲子園は行きましたが、観戦止まりでグラウンドに降り立つことはありませんでした。

そんなぼくが今、メジャーの球場!ペトコパークのグラウンドにいます!!

ああああ〜〜〜感動だあ〜〜〜!!



そして、ちょっと冷静になってみて気付きました。

自分が立っていた場所は工事車両用の舗装で、正確にはグラウンドに直接立っていたわけではありませんでした。
(上の写真の左側)

そこで、恐る恐る、右側の方に歩き出し、、

9

立ちました!!!!
ぼくはメジャーのグラウンドに立ちました!!
メジャーデビューの瞬間です!!!

小さな一歩ですが、とても大きな一歩です!!
(どこかで聞いたようなセリフですが)



ありがとうペトコパーク!!

きっとまたくるよ!

10

後ろ髪を引かれる思いでペトコパークを後にしました。




   


 

081106.

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

言われるがままハロウィン2

この記事は一つ前の記事「言われるがままハロウィン1」の続きです。
まだ見ていない人はそちらからどうぞ(ここをクリック

さて、今回のテーマは「ジャコランタンのかぼちゃからパンプキンスープを作る」だ。

かぼちゃスープのレシピをいろいろ調べてみた。
簡単にまとめると、
かぼちゃ、牛乳、生クリーム、バター、ナツメグ、シナモン、塩、こしょう、、などを鍋に入れて火にかける。

うん、簡単そうだ。

早速スーパーに出かけ、材料を買うことにした。

牛乳とバターはすぐ見つかったが、えーっと、生クリームは、、

33

生クリームって、英語で何て言うんだ?

気を取り直して、ナツメグとシナモンは、、、

31

ナツメグとシナモン、、、

32


これ、見つからないでしょう。。
ナツメグって英語だと何?シナモンってどこ?

一つずつビンをよく見れば見つかったかもしれないが、あまりにも多い種類のスパイスだったため、気が遠くなってしまった。
それに生クリームも見つからなかったし。


でも、いいことを思いついてしまった。ふふふ。


何を買ったかはさておき、家に戻ってスープ作りを始めた。

まずはジャコランタンだ。

35

キッチンで見るジャコランタンは、もはやかぼちゃだ。

36

まず半分に切って、さらに細かく切った後、

37

皮を切り落とし、実の部分のみにしました。

39

これは切り落とした皮の部分。
左側は初期の皮。右側は後期の皮だ。だいぶ熟練していったのが一目瞭然。
ジャコランタン用のかぼちゃは加工しやすいよう、日本のかぼちゃよりやわらかい。
でも皮の部分は硬く、けっこう大変だった。

40

かぼちゃをレンジにかけると、かぼちゃの香りが広がった。
ジャコランタン用と言えども、やはりかぼちゃだ。

さて、話は戻るが、結局買ってきたのはこの2つ。
牛乳とかぼちゃスープだ。

402

全ての材料が見つからず、かつ味付けに不安を感じていた。
そこでふと思い出したのは、林メソッドだ。

勝手にネーミングしたが、少し前にデイリーポータルZの記事で、こんなのがあった。
林さんの記事「カスピ海ハーゲンダッツ」だ。
詳しくはリンク先を見てほしいが、簡単にまとめると

・ハーゲンダッツはおいしい。が、濃い。
・牛乳で薄めても全然いける。
・25%くらいまで牛乳で薄めてもOK。

そこで、ぼくの作戦はこうだ。
きっと濃いであろうアメリカのカボチャスープを、牛乳とかぼちゃで割る!
林メソッドの応用だ。

41

作り方はまず、鍋にチンしたかぼちゃ、牛乳を1リットル入れます。

42

次に、かぼちゃスープを1リットル入れます。

43

これをじっくり2時間くらい煮込みました。。。すると

44

ミキサーにかけていないのでかぼちゃがまだ残っているが、とてもよい香り!
きっとおいしいかぼちゃスープが完成したと思う!!


45

左は100%市販のかぼちゃスープ。
右は、たぶん30%くらい市販のかぼちゃスープ。
気になる味はというと、

46

100%のほうは完成された味だ。と、当然か。
予想していたほど濃い味ではなかったので、ちょっと不安になった。

で、30%のほう。

47

見た目はあまりよくないが、いける!!いけるぞ!!おいしい!

48

グッジョブ!!



だいぶ長くなってしまいましたが、以上、「言われるがままハロウィン」レポートでした。
ジャコランタン作りはとても楽しいし、その後のかぼちゃもおいしい。
日本でも、もっとハロウィンしてもいいんじゃないか!?と思う。
実際にぼくが「これが初めてのジャコランタンだ!」と言うと、ありえないでしょう、、といった顔で見られた。それくらいアメリカでは日常的なイベントなんだ。きっと。
来年のハロウィンはもっと気合いを入れてジャコランタンを作り、仮装もチャレンジだ!

次はどんなイベントが待っているのかな。パワフル彼女に期待だ。




  
 
 

081101.


 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言われるがままハロウィン1

アメリカに来てそろそろ2ヶ月。少しずつだが、いろいろな体験をしている。
でもたいがい、パワフル彼女の一言で始まる。

パワフル彼女とは、職場にいる自分とほぼ同年代の女の子だ。
なんでパワフルかと言うと、彼女は運動やスポーツが大好きで、毎日ジムで10キロ走り、さらにウエイトトレーニング。週末もテニスをしたり、とにかくパワフル。
何か用事があってジムに行けない日があると、必ず翌日は「ジムに行けなかったから今日は体調が悪いわ」と言う。

2週間前も、パワフル彼女の一言から始まった。

「明日マラソン大会があるわよ!一緒に5キロ走るわよ!」

で、言われるがまま5キロ走りました。

1

矢印の女の子がパワフル彼女だ。
パワフル彼女は毎日10キロ走っているから、5キロは余裕だったと思う。
でも自分にとっての5キロはかなりしんどかった。走りはじめて5分で後悔した。


先週も突然だった。

「これからバレーボールのカレッジリーグの応援に行くわよ!」

で、言われるがまま応援に行った。

2

カレッジリーグとは、日本で言う大学対抗戦。

バレーを生で見るなんて初めてだったので、とても楽しかった。


さてさて、本題はここから。

アメリカではハロウィンが一大イベントです。
日本でも10月になるとぽちぽちハロウィンムードになっていたが、アメリカはさすが本場なだけあって、すごい盛り上がり。
とは言っても、自分は実際にハロウィンって何の日なのか、何を祝っているのかは知らない。

で、ハロウィン前日。パワフル彼女が言ってきた。

「あなたハロウィン知らないの?じゃ、今日私の彼の実家でジャコランタン作るから、あなたも来なさいよ!」

最初はあまりにも急でよくわからなかったが、
ジャコランタン(Jack-O'-lantern)とは、よく見るかぼちゃのお化けで、ハロウィンになると各家庭で作るものらしい。
そのジャコランタンを、パワフル彼女の彼の実家に行って一緒に作りましょう!ということだ。

日本では「職場の女の子の彼氏の実家に行く」なんて滅多に聞かないけど、アメリカでは普通なようだ。


そんなわけで、ジャコランタン用のかぼちゃを買って、彼氏の実家に行った。

3

写真は彼氏の実家にて。
ああ、自分って何でこんなにハイテンションなんでしょうか。。

ジャコランタンを作るのは、アメリカではいたって普通のこと。
ジャコランタン用の道具もちゃんと売っていました。

4

後ででてきますが、この道具たちを使ってかぼちゃを加工していきます。

今回ぼくがチャレンジするのはこれ。

6

ホラー系のお城と、そのまわりを飛ぶコウモリだ。

7

ちなみに、難易度(ミステリーレベルって書いてあった)は3だ。
パワフル彼女も難易度3の絵を選んでいたので、負けられなかった。

72

これがぼくのかぼちゃ。これを加工していきます。(以下、作り方です)

8

まずは上の部分をくり抜きます。

9

次に、このようなヘラを使って、内部の種などを取り除き、きれいにします。

11

あっという間の出来事のようだが、実は1時間くらいかかってます。
こんなもんだろう!と思って次の作業に取りかかろうとすると、パワフル彼女に
「あなた、もっとキレイにしないとだめよ!」と怒られた。

12

次に、絵をかぼちゃに貼ります。

13

そうしたら、このような道具を使って、絵のフチに穴をあけていきます。

14

こんな感じに。

15

絵をはがすと、かぼちゃに穴だけが残ります。

この穴をたよりに、かぼちゃをくり抜いていきます。

17

パワフル彼女はさすが毎年作っているだけあって、作業が早い。もうすぐ完成だ。

16

ぼくも、ようやく半分くらい彫れました。

18

さらに作業を進め、開始から2時間半、ついに完成!!
このままだとぱっとしませんが、、、

19

中にローソクを入れ灯をともすと、、

21

おおお!!!
ビューティフル!!!
ジャコランタンの完成です。

22

左が彼氏の、中央がパワフル彼女、右がぼくのです。

最後は記念撮影をしました。

23


いつも貴重な体験をさせてもらって、パワフル彼女には感謝です。サンキュー!
それと、急におじゃましてしまったのに温かく迎え入れてくれた彼氏の実家のみなさん、ありがとうございました。
ピザもとてもおいしかったです。床をかぼちゃのクズでいっぱい汚してしまってすみません。

無事にジャコランタン作りを終え、翌日のハロウィンを過ごしました。
結局ハロウィンが何の日なのかわかりませんでしたが、とても楽しかった。




そしてハロウィンの翌日、パワフル彼女からメールがきた。

「ジャコランタンのかぼちゃはパイかスープにするといいわよ!じゃあね!」

たしかに、ハロウィンを終えたジャコランタンを捨ててしまうのはもったいないと思ってた。
パンプキンパイは難しそうだが、そうか、スープか。スープなら作れそうだ。

そんなわけで、本記事「言われるがままハロウィン」は続きます。

        ●●続きはこちらをクリック●●


  

  

081101



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »