« 言われるがままハロウィン1 | トップページ | メジャーデビューしました »

言われるがままハロウィン2

この記事は一つ前の記事「言われるがままハロウィン1」の続きです。
まだ見ていない人はそちらからどうぞ(ここをクリック

さて、今回のテーマは「ジャコランタンのかぼちゃからパンプキンスープを作る」だ。

かぼちゃスープのレシピをいろいろ調べてみた。
簡単にまとめると、
かぼちゃ、牛乳、生クリーム、バター、ナツメグ、シナモン、塩、こしょう、、などを鍋に入れて火にかける。

うん、簡単そうだ。

早速スーパーに出かけ、材料を買うことにした。

牛乳とバターはすぐ見つかったが、えーっと、生クリームは、、

33

生クリームって、英語で何て言うんだ?

気を取り直して、ナツメグとシナモンは、、、

31

ナツメグとシナモン、、、

32


これ、見つからないでしょう。。
ナツメグって英語だと何?シナモンってどこ?

一つずつビンをよく見れば見つかったかもしれないが、あまりにも多い種類のスパイスだったため、気が遠くなってしまった。
それに生クリームも見つからなかったし。


でも、いいことを思いついてしまった。ふふふ。


何を買ったかはさておき、家に戻ってスープ作りを始めた。

まずはジャコランタンだ。

35

キッチンで見るジャコランタンは、もはやかぼちゃだ。

36

まず半分に切って、さらに細かく切った後、

37

皮を切り落とし、実の部分のみにしました。

39

これは切り落とした皮の部分。
左側は初期の皮。右側は後期の皮だ。だいぶ熟練していったのが一目瞭然。
ジャコランタン用のかぼちゃは加工しやすいよう、日本のかぼちゃよりやわらかい。
でも皮の部分は硬く、けっこう大変だった。

40

かぼちゃをレンジにかけると、かぼちゃの香りが広がった。
ジャコランタン用と言えども、やはりかぼちゃだ。

さて、話は戻るが、結局買ってきたのはこの2つ。
牛乳とかぼちゃスープだ。

402

全ての材料が見つからず、かつ味付けに不安を感じていた。
そこでふと思い出したのは、林メソッドだ。

勝手にネーミングしたが、少し前にデイリーポータルZの記事で、こんなのがあった。
林さんの記事「カスピ海ハーゲンダッツ」だ。
詳しくはリンク先を見てほしいが、簡単にまとめると

・ハーゲンダッツはおいしい。が、濃い。
・牛乳で薄めても全然いける。
・25%くらいまで牛乳で薄めてもOK。

そこで、ぼくの作戦はこうだ。
きっと濃いであろうアメリカのカボチャスープを、牛乳とかぼちゃで割る!
林メソッドの応用だ。

41

作り方はまず、鍋にチンしたかぼちゃ、牛乳を1リットル入れます。

42

次に、かぼちゃスープを1リットル入れます。

43

これをじっくり2時間くらい煮込みました。。。すると

44

ミキサーにかけていないのでかぼちゃがまだ残っているが、とてもよい香り!
きっとおいしいかぼちゃスープが完成したと思う!!


45

左は100%市販のかぼちゃスープ。
右は、たぶん30%くらい市販のかぼちゃスープ。
気になる味はというと、

46

100%のほうは完成された味だ。と、当然か。
予想していたほど濃い味ではなかったので、ちょっと不安になった。

で、30%のほう。

47

見た目はあまりよくないが、いける!!いけるぞ!!おいしい!

48

グッジョブ!!



だいぶ長くなってしまいましたが、以上、「言われるがままハロウィン」レポートでした。
ジャコランタン作りはとても楽しいし、その後のかぼちゃもおいしい。
日本でも、もっとハロウィンしてもいいんじゃないか!?と思う。
実際にぼくが「これが初めてのジャコランタンだ!」と言うと、ありえないでしょう、、といった顔で見られた。それくらいアメリカでは日常的なイベントなんだ。きっと。
来年のハロウィンはもっと気合いを入れてジャコランタンを作り、仮装もチャレンジだ!

次はどんなイベントが待っているのかな。パワフル彼女に期待だ。




  
 
 

081101.


 
 
 
 

|

« 言われるがままハロウィン1 | トップページ | メジャーデビューしました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言われるがままハロウィン2:

« 言われるがままハロウィン1 | トップページ | メジャーデビューしました »