« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

豚インフル 職場からも緊急メール

職場からも緊急メールがきました。

***********************************************

There are several steps you can take to prevent illness, including:

1.    Use good personal hygiene

·     Cover your nose and mouth with a tissue when you cough or
               sneeze. Throw the tissue in the trash after you use it.

·     Wash your hands often with soap and water, especially
               after you cough or sneeze. Alcohol-based hands cleaners
               are also effective.

·     Avoid touching your eyes, nose or mouth. Germs spread that
      way.

2.    Avoid close contact with people who are ill

·     Influenza is thought to spread mainly person-to-person
      through coughing or sneezing of infected people.

·     If you get sick, CDC recommends that you stay home from
      work or school and limit contact with others to keep from
      infecting them.

3.    Avoid non-essential travel to Mexico

***********************************************

簡単に訳すと、

1. 衛生管理を徹底せよ

2. 病人に近づくな

3. メキシコに行くな

って感じでしょうか。
ごもっともな内容です。




.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロサンゼルス総領事館からのお知らせ

ロサンゼルス総領事館からメールが来ました。

メールをそのまま載せます。

*****************************
*****************************
*****************************
メールタイトル 「ロサンゼルス総領事館からのお知らせ」
*****************************

This message has been written in Japanese. Sorry for no English.

■□■□■
□■□■□
■□■□■

ロサンゼルス総領事館からのお知らせ

2009年4月27日
在ロサンゼルス総領事館

豚インフルエンザに関する緊急対策本部の設置について

1.本日(27日)、世界保健機関(WHO)は豚インフルエンザについて、
  警戒水準を現在の「3」から「4」へ引き上げることを発表しました。

2.また当館では、この決定を受けて、当館に伊原純一総領事を本部長とする
  「緊急対策本部」を設置しました。

3.緊急対策本部としては、当地在留邦人の皆様に対し、当館ホームページ及び
  Eメールにて、逐次情報提供していく予定です。

ご参考:CDCホームページ
 http://www.cdc.gov/flu/swine/investigation.htm

WHOホームページ
 http://www.who.int/en/

厚生労働省ホームページ
 http://www.mhlw.go.jp

在米国日本国大使館ホームページ
 http://us.emb-japan.go.jp/j/html/file/index.html

○在ロサンゼルス総領事館
住所:350 S.Grand 1700 Los Angeles CA 90071
電話:213-617-6700
http://www.la.us.emb-japan.go.jp/web/home.htm

*****************************
*****************************
*****************************

ブタインフルについてはヤフーニュースなどで知っていたけど、事態は深刻そうだ。

とりあえず、手洗い、うがいは必須だ。
体調管理に気をつけよう。

このくらいしか予防策は思いつかない。

メキシコでの被害が大きいし、カリフォルニアはメキシコと陸つながりだからな。

在留届をちゃんと出しておいてよかった。






.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごい大学生を見に行った

今度はすごい大学生を見に行きました。

またしても野球選手です。

お名前はStephen Strasburg くん。
背番号は37番。
サンディエゴ州立大学(San Diego State University, SDSU)の選手。

1

彼のすごいとこは、ストレートの早さ。

平均して100マイル(時速160キロ)、最速は103マイル(166キロ)らしいです。

見に行った試合も三振ばかりとってました。

当然、メジャーリーグへ行くのは確実。
スカウト陣もすごいです。

2

バックネット裏にはスカウトがスピードガンを持って査定?してます。

わかりにくいので、スピードガンにマルをつけてみました。


3

・・・・これでもイマイチですね。

でも目を凝らすと見えてきます。

ずらっと、10人近くのスカウトが集まってました。


4

こんな感じです。拡大しました。



今後のドラフトで入団先は決まるらしいのですが、

サインボーナス(契約金)は15ミリオンドル、日本円にして15億円

年俸は少なくとも50ミリオンドル、日本円で50億円

だろうと言われてます。

まさにミリオンダラーベイビー。






.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また落選

こないだのハダカデバネズミの記事はデイリーポータルZのコネタ道場(現デイリー道場)に応募したんだけども、落選した様子だ。

ちょっと自信あったんだけど、残念。




そんだけです。

(初めて日記らしい記事を書いた気がする/笑)


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごい高校生を見に行った

ふとしたことから、高校野球を見に行きました。


訪れたのは近くにあるトーリーパインズ高校(Torrey Pines High School)。

先発は高校3年生のアレックス(Alex)くん。背番号は19番。

1


彼がすごいんです。


メジャーリーグの下部組織や大学からスカウトがうじゃうじゃきてるんですって!!

この日もバックネット裏にはスカウトが何人か来ていました。

2

スピードガンを持っている人がスカウト。



実はアレックスくん、ぼくの職場のボスの息子なんです(爆)。

いまのうちにサインもらっておこうかな。。なーんて。







 

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハダカデバネズミを見るアメリカの人々 後編

この記事は「ハダカデバネズミを見るアメリカの人々 前編」の続きです。
まだご覧になってない方は、是非前編をご覧になって下さい〜。


ではさっそく、アメリカ人たちのデバに対する反応を写真とともに紹介します。


31

「どこ?いないわね。寝てるのかしら。次行きましょ。」  

発見できず。



32

「いた!いた!!あそこ!!ママ見て!!!」

子供大はしゃぎ。うれしそう。



33

「実はハダカじゃないみたいだぞ。」

お父さん、冷静にデバを説明。



34

「!? エ、エイリアン・・・」

手前の男性、パネルを見て絶句。



35

「How cute!!」(超かわいいわ!!)

女の子たち、デバを「超かわいい!!」と。



36

「Is that real ?」 (本当に?)

お母さん、どの辺りが信じられなかったんでしょうか。





37

「Naked mole rat...?」 (・・・ハダカデバネズミ?)

名前に興味があった模様。



38

お父さん 「ハダカデバネズミ、見たいかい?」
子供    「ノー」

お父さんは興味あった様子。



39

「Pretty honey! 」 (かなりかわいいね。) と、お父さん。



40

「いた!いた!あそこ!!あっちにもいるわ!!」

子供にもとても好評だ。



41

男性「ほら、あそこにいるよ。」
女性「そうね。寝てるみたいね。」

冷静に観察。



42

「ワーオ。   ・・・ワーオ。」

言葉にならない様子だ。



43

「いたーーーーーーー!!!」

この子供たち、やっと見つけたデバに興奮。



44

「ねえ、こっちこっち!あそこにいるよ!」

やっぱり子供には人気みたいだ。




動画でもお楽しみ下さい。

途中で子供が
「ソー ナスティー  (so nasty)」 
と言っていました。

調べてみると、意味は 「超きもい」 みたいです。


〜〜〜〜 まとめ 〜〜〜〜

一部で「エイリアン!」、「超きもい!」 などのコメントはあったものの、全体を通してみると、「かわいい!」、「いた!いた!」 など、喜んでいる感じの意見が大半を占めていた。
日本と違って、アメリカではデバが大部分の人に好かれていることがわかった。

ぼくはデバをずっと見ていたのでエサを食べているところや巣を移動しているところを見ることができたが、ほどんどの人は「寝てるわね」とすぐ諦め、去ってしまった。
もったいない。
デバを見るには忍耐力が必要だ。

デバにも毛はある。(これは大発見だと思う)

サンディエゴにいらしたときは、動物園に行ってデバを観察しましょう。




PS

サンディエゴ動物園でも、デバの隣にはミーアキャットを展示していた。
上野動物園でもそうだったらしい(べつやくさんの記事での記載

55

デバとミーアキャット、これは何かあるな。

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハダカデバネズミを見るアメリカの人々 前編

1_2 今月のデイリー道場のお題は「過去の記事を真似する」だ。

これはとてもありがたかった。

というのも、以前から追いかけてみたい作品があったのだが、
前回の「過去の記事を真似する1」に間に合わなかったからだ。


よし、今日は晴天だ。

追いかけてみよう。






今回真似させていただく記事は、べつやくれいさんのこの記事

「ハダカデバネズミを見る人々」 だ。 

ハダカデバネズミはもはや、デイリーポータルZを代表する動物と言ってもいいかもしれない。

その後も何度かデイリーの記事に登場し、ぼくはすっかりはまってしまった。

現在ぼくの住むサンディエゴには世界的に有名な動物園がある。
その名もサンディエゴ動物園 (San Diego Zoo) だ。

なんと1000種類近くも動物種がいるらしく、インターネットで調べたところ、
幸いにもサンディエゴ動物園にハダカデバネズミがいることが判明した。
英語では「NAKED MOLE RAT」 (ハダカモグラネズミ?) と言うらしい。

そんなわけで、今回のタイトルはこうだ。

0

べつやくさんの記事から画像をコピってしまったけど、大丈夫だったかな。。
心の広いデイリー陣、きっと許してくれるはず!! でもまずかったらごめんなさい。

2

早速サンディエゴ動物園に向かいました。

インフォメーションセンターで NAKED MOLE RAT(ハダカデバネズミ)の場所を尋ねたところ、Children's Zoo (子供用動物園) という区画にいることがわかった。

3

よし、さっそく向かおう。

4



しばらく歩くと、Children's Zoo の看板が見えてきた。

6



すると、早くもデバ発見か??


7

「Petting Paddock (ふれあいコーナー) はあっち」 という看板に、デバらしき動物が。。


8

違った。ブタだった。。


9

ふれあいコーナーにはヒツジや馬がいたけど、デバはいない様子。

ここじゃない。



ふれあいコーナーを抜けると、怪しげな建物が見えてきた。

11

SPINELESS MARVELS (無脊椎動物の脅威?)

ん? なんだ?


12

あ、こうゆうことね。
他にもサソリやクモ、お食事中の方にはゴメンナサイ的な爬虫類がずらり。
デバは見当たらなかった。
そもそもデバは哺乳類だから、ここのコーナーのはずないか。


爬虫類の建物を出ると、ぼくの中のデバアンテナが何かをキャッチ!

13

Mole Rats !!

これはずばり、NAKED MOLE RAT (デバ) のことでしょう!!


矢印の先には、、


14

いたー!!デバ!デバっ!!デバっっ!!!



21

ハローデバ!!

ついに見つけたよ。

今まで何度もデイリーの記事で見ていたためか、初対面にもかかわらずデバに親しみを感じてしまった。


23

これがサンディエゴ動物園のデバの巣。



24

中央奥がメインの巣らしい。主に寝るため、と書いてある。


25

右側にはトイレ用の巣がある。
説明には「ま、説明はいらないわね」と。 たしかに。


26

食事用の巣もあるみたいだ。


記念すべき生デバとの対面がやってきた。

27

巣を覗くとピンク色の皮膚が見えた。

動画での撮影にも成功したので見ていただきたい。


隣にはデバの説明ボードがあった。

22

衝撃的な事実が発覚した。
最初の質問とその回答に注目。

「ハダカデバネズミは完全にハダカなんですか?」

「いいえ違います。実際には口や鼻のまわりに100本ほどの毛が生えてます。」

なんと!
毛生えてんのか!ハダカデバ!! やるなあ。

そう言われてみると、デバの写真には毛がちゃんとあることに気付いた。

00

次のページでアメリカ人たちの反応を紹介します。

「ハダカデバネズミを見るアメリカの人々 後編」はこちら


.

| | コメント (0)

確定申告への道 ファイナル

何日か前の日記で、確定申告するのに途方にくれてると書いた。(こちら

その後もどうしていいかサッパリわからず、確定申告の代理店に駆け込もうかと思ってました。

翌日、同じフロアで働く日本人の方とお話する機会があって、

「確定申告されましたか?ぼくはサッパリで、代理店に行こうかと思ってます。。」
と打ち明けた。

そしたらその方は、 「意外と簡単ですよ。」 と。


え?

ええ??

今、なんと??


その方は以前サンフランシスコで働いていて、一度確定申告の経験をしているとのこと。

食いつくように、How to 確定申告 を何度も聞き、ようやくやり方がわかってきた。


ぼくみたいに、手も足も出ない人の参考になればと思って、ここにまとめます。

ぼくの置かれた状況は、
 J-1ビザ
 給料はアメリカから
 カリフォルニア州で働いてる
 渡米は昨年9月

である。

そして、今回やらなきゃいけないことは、この2点。

IRS に 1040NR-EZ8843W-21042-Sを送る。
カリフォルニア州に 540 2EZW-2を送る。

W-2、1042-Sに関しては、自宅に郵便で届いてました。

1040NR-EZと8843
の作成に関しては、CINTAXというオンラインの確定申告作成プログラムを使いました。
手元にあるW-2、1042-Sを見ながら数値を入力するだけ。
出来上がった1040NR-EZにサインと日付を書く。

540 2EZは、カリフォルニア州のホームページ(リンクはこちら)からPDFファイルをダウンロードして作成。
これもW-2を見ながら入力し、最後にサインしました。

以上の書類を、
IRS
Department of the Treasury
Internal Revenue Service
Austin, TX 73301-0215


カリフォルニア州
Franchise tax board, PO BOX 942840,
Sacramento CA, 94240-0002

に送り付けました。
確実に届く方法、送った証拠が残るように!ということだったけど、
アメリカ人に聞いたところ、普通郵便で、レシートがあればOKと言われたので、今回は普通郵便で出しました。
2つの送料1ドルをクレジットカードで払い、レシートを確保。

あ、そうそう、
送る前に全ての書類をコピーすることをお忘れなく。

3年間は保管しなきゃいけないみたいです。 


期限は4月15日。 この日の消印まで有効らしい。
ぼくは昨日出してきました。


嬉しいことは、連邦税、州税が全て返ってくること。

ごちそうさまです。


何か質問ありましたら、お気軽にコメントください。

 
 

2010年3月1日追加情報

このときはカリフォルニア州のフォームで540 2EZを使いましたが、540NRを使ったほうがいいのかもしれません。

現在2009年分の確定申告の作業中で、近日中にブログにまとめる予定です。
 
 

2010年3月15日追加情報

たぶん、このときは540 2EZ、540NRどちらを使ってもよかったんだと思う。ちゃんと納めた税金も戻ってきたし。
でも、2年目の2010年は540Aを使いました。詳しくは2010年の確定申告の記事を読んでみてください。


フジワラFM支局「確定申告 2010年 まとめ」
http://r-fujisan.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-54f9.html

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告への道 その1

アメリカでは個人で確定申告しないといけないみたいです。
4月中旬までに、どこかに申告書を提出する必要があるみたいなのですが、、。


何から手をつけたらいいのか、サッパリです。


自分の置かれている状況は、

J1ビザ
カリフォルニア州
アメリカから給料もらってる
なんとかtreatyによって、連邦税はすでに免除されてる
去年の9月にアメリカに来たばかり

いろいろ調べていると、フォーム1040NR(EZ)と、8843ってのが必要なのかな?

いやいや、ほんとさっぱり。

今日は確定申告書作るぞ!!と気合を入れていたのだが、何も手がつけられないまま夕方になってしまった。

明日大学のインターナショナルセンター (International Center) に助けを求めてみようかな。

続きます。


2009年4月11日 更新!!
確定申告の道 ファイナルはこちら


090405.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガールスカウト

先月、同じフロアで働く女性の娘(10歳くらいかな)がクッキーを売りに来ました。

初対面だったけど、
「クッキー買って下さい」って直球を投げられた。

お母さんの説明を聞くと、どうやらその子はガールスカウトをしていて、そのための募金や寄付の一貫らしい。

クッキー1箱4ドルで、売り上げはどこかに寄付される仕組み。

同じ職場の人はみんな数箱買っていて、ぼくも断れない状況だったので3箱購入。

女の子は「サンキューソーマッチ!(とてもありがとう!)」と、笑顔がかわいかった。
アメリカ人は笑っただけで絵になるからずるい。


そのクッキーが先日届きました。


01

いろいろな種類があったけど、アメリカお菓子の甘さにうんざりしてたので、シュガーレスのチョコチップクッキーを3箱。

、、、見事に甘くありませんでした。

いや、それを期待してたんだけど、、もう少しシュガーが欲しかった。

でもそれだとレスにならないか。うーーむ。


ちなみに、その女の子はその1日でクッキーを7000ドル(70万円)分も売ったみたいです。

すごい、、、、。

その子の地域のガールスカウトでトップの成績だったとか。

す、すごい、、、。




.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »