« 確定申告への道 その1 | トップページ | ハダカデバネズミを見るアメリカの人々 前編 »

確定申告への道 ファイナル

何日か前の日記で、確定申告するのに途方にくれてると書いた。(こちら

その後もどうしていいかサッパリわからず、確定申告の代理店に駆け込もうかと思ってました。

翌日、同じフロアで働く日本人の方とお話する機会があって、

「確定申告されましたか?ぼくはサッパリで、代理店に行こうかと思ってます。。」
と打ち明けた。

そしたらその方は、 「意外と簡単ですよ。」 と。


え?

ええ??

今、なんと??


その方は以前サンフランシスコで働いていて、一度確定申告の経験をしているとのこと。

食いつくように、How to 確定申告 を何度も聞き、ようやくやり方がわかってきた。


ぼくみたいに、手も足も出ない人の参考になればと思って、ここにまとめます。

ぼくの置かれた状況は、
 J-1ビザ
 給料はアメリカから
 カリフォルニア州で働いてる
 渡米は昨年9月

である。

そして、今回やらなきゃいけないことは、この2点。

IRS に 1040NR-EZ8843W-21042-Sを送る。
カリフォルニア州に 540 2EZW-2を送る。

W-2、1042-Sに関しては、自宅に郵便で届いてました。

1040NR-EZと8843
の作成に関しては、CINTAXというオンラインの確定申告作成プログラムを使いました。
手元にあるW-2、1042-Sを見ながら数値を入力するだけ。
出来上がった1040NR-EZにサインと日付を書く。

540 2EZは、カリフォルニア州のホームページ(リンクはこちら)からPDFファイルをダウンロードして作成。
これもW-2を見ながら入力し、最後にサインしました。

以上の書類を、
IRS
Department of the Treasury
Internal Revenue Service
Austin, TX 73301-0215


カリフォルニア州
Franchise tax board, PO BOX 942840,
Sacramento CA, 94240-0002

に送り付けました。
確実に届く方法、送った証拠が残るように!ということだったけど、
アメリカ人に聞いたところ、普通郵便で、レシートがあればOKと言われたので、今回は普通郵便で出しました。
2つの送料1ドルをクレジットカードで払い、レシートを確保。

あ、そうそう、
送る前に全ての書類をコピーすることをお忘れなく。

3年間は保管しなきゃいけないみたいです。 


期限は4月15日。 この日の消印まで有効らしい。
ぼくは昨日出してきました。


嬉しいことは、連邦税、州税が全て返ってくること。

ごちそうさまです。


何か質問ありましたら、お気軽にコメントください。

 
 

2010年3月1日追加情報

このときはカリフォルニア州のフォームで540 2EZを使いましたが、540NRを使ったほうがいいのかもしれません。

現在2009年分の確定申告の作業中で、近日中にブログにまとめる予定です。
 
 

2010年3月15日追加情報

たぶん、このときは540 2EZ、540NRどちらを使ってもよかったんだと思う。ちゃんと納めた税金も戻ってきたし。
でも、2年目の2010年は540Aを使いました。詳しくは2010年の確定申告の記事を読んでみてください。


フジワラFM支局「確定申告 2010年 まとめ」
http://r-fujisan.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-54f9.html

.

|

« 確定申告への道 その1 | トップページ | ハダカデバネズミを見るアメリカの人々 前編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/334520/29080239

この記事へのトラックバック一覧です: 確定申告への道 ファイナル:

« 確定申告への道 その1 | トップページ | ハダカデバネズミを見るアメリカの人々 前編 »