« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

英語をしゃべってる夢を見た

英語を勉強している友達から、

「夢の中で英語をしゃべってると、だいぶ脳が英語化されてきた証拠らしい」

という話を昔聞いた。


アメリカに来てそろそろ9ヶ月が経ちそうだけど、これまでにそれに近い夢を何度か見た。。


夢その1

舞台は日本の喫茶店。お会計の際、ぼくが「ドルで払ってもいいですか?」と言って、ドル紙幣を差し出す。

--解説-- 
財布の中がアメリカナイズされた模様。
しかしながら、場所は日本。話す言葉も日本語。
店員さんが何て返事をしたかは覚えてない。


夢その2

舞台は日本。今の職場のボスの奥さん(アメリカ人)が迷子になり、走って捜索する夢。

--解説--
他にも、アメリカ人が登場する夢は何度か見た。
でも残念なことに、いつも自分は日本語をしゃべっている。



そして先日、ついに英語をしゃべる夢を見た。

夢その3

舞台は日本。前回の夢に引き続き、今度は今の職場のボスが来日。
空港の話になり、何故かぼくは
「You have to go to the airport at least three hours before your flight!!」
(出発の3時間前に空港に行かなきゃだめだよ!!)
と力説。
同じセリフを何度か繰り返し言っていた気がする。

--解説--
場所が日本なのがまだ完全にアメリカナイズされてない点ではあるけど、英語をしゃべっていたのは確実。
よくやった、自分の脳。






.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語ドラクエ4 クリアしました

何週間か前に購入した英語版ドラクエ4。

その後も順調に進めていました。

32748256_2855425409

アリーナが奮闘する第2章。

32748256_789171093

トルネコの第3章。


32748256_3518878613

ミネア、マーニャの第4章。


32748256_2658033869

そして第5章。


第1章と第3章の英語がとても難しかった。
知り合いのアメリカ人に聞いたところ、これは「アイリッシュ系の英語(古い英語)」を使っていたらしい。

なるほど、そーゆう時代設定だったんですね。


今回は辞書を使わないで挑戦しました。

登場人物の名前が違ったり、呪文もまったく違ったりしたけど、なんとかクリアできました。
裏ボス?みたいのもちゃんと倒しておきました。

でも、やっぱり昔の記憶を頼りにしてしまった。
これじゃ英語の勉強になっていないね。

それに、レベル上げをしているときは、まさに「ただゲームをしてる」感覚だったし。

とりあえず今回覚えたことは、

ルーラは“ZOOM”ということ。 (実用性なし)
ホイミは“HEAL”ということ。 (実用性少しあり?)


ゲームをクリアするのに、最終的に24時間近く費やしたらしい。

DSのゲームで英語を勉強作戦、これはよかったのか悪かったのか。。





.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H1N1 サンディエゴの様子

新型インフルエンザH1N1が世界的に流行ってますが、メキシコのすぐ隣に位置しているサンディエゴの様子をレポートしたいと思います。


えーっと、なんら変わりはありません。



マスクつけてる人? 一度も見てません。



いたって普通です。



以上でレポート終わります。




.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コネタ城の米

デイリーポータルZという、どうしようもない(←良い意味で)サイトが好きです。

サイトはこちら

いろいろなライターさんたちが毎日記事を載せている一方で、読者も「投稿」という形で参加が可能です。

記事を応募するデイリー道場

写真を応募する写真ヒルズ

コネタを応募するコネタ城

などなど。

アメリカにいるとちょくちょくコネタを見つけるので、コネタ城によく投稿してます。

これまでに4回採用されました。

M&M'sのクッキーは中身がずいぶん違う

アメリカのビッグボーイはちょっとハンサム

路上テトリスの跡

ハダカデバネズミはハダカじゃない


で、困ったのはここから。

採用されるとレンジでチンする「さとうのごはん」がもらえるのですが、さすがにアメリカには発送してくれないので、実家に届きます。

最初は
「懸賞みたいなので米当たったから。。」と言っていたのですが、

さすがに8パックも届く頃には両親もいろいろと不思議がっている様子で、

「また米届いたわよ」

「米しか当たらない懸賞なの?」

「たまには他のが欲しいわ」

と、言っています。


いやいや、すみません。

米しか当たらないんです。



.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

車上荒らしにあいました

サンディエゴはロサンゼルスとかに比べて安全ってどこかに書いてあったと思う。

住んでみると、たしかに安全だと思った。


夜出歩いても大丈夫だし、、、




ついこの前まではこう思ってました。







先月、住んでいるアパートの地下駐車場に行くと、普段と様子が違うのに気付く。

31346618_922225008s

あれ?

窓開けてたっけ?


31346618_2260855925s

床にはガラスの破片が散らばっている。。。。




事態を把握するのに数分。



あ、車上荒らしにあったのか。




31346618_2524952513s

幸いエンジンはかかったので、明るいところに出てみました。

窓が開いているわけではなく、窓がありません。



31346618_70544604s

よく窓(のあった場所)を観察すると、無惨に割れたガラスが残っていました。


31346618_3168697333s

ドアを開けると、車内にはガラスが散乱してました。




貴重品は置かないようにしていたのですが、カーオーディオがごそっと盗まれていました。


こーゆうケースだと、保険も高いオプションをつけていないとカバーしてくれないみたいで、
今回の窓やもろもろの修理は全て自腹となりました。


職場の人に聞いたところ、サンディエゴはそんなに安全ではないと言っていました。

窓が割られる
車が盗まれる
深夜に駐車場に忘れ物をとりに行ったら、こわい人たちに襲われる
日中でもショッピングモールのトイレで襲われる

ってことは、実際によくあるみたいです。





今回は、まあ車自体が盗まれたわけではなかったし、ぼくが怪我をしたわけでもないので、
殺されたわけでもないし、

不幸中の幸いってとこでしょうか。




でも、災難だったなあ。



,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語でドラクエ4

英語はipodで毎日聞いていたり、職場の人と話したり、本読んだり、テレビ見たり、映画見たり、いろいろしているけど、最近はどれもマンネリ化してしまって。。。


そこで今日、新しい英語の教材を買いました。

32044747_1773223156

ニンテンドーDS。
アメリカって何故かDS安い。
ゲームショップで新品が130ドルでした。


32044747_118370955

中身も全部英語。
とても説明書は読む気にならなかった。


で、肝心のゲーム、、、いやいや、もとい、
肝心の教材はと言うと、

英語漬け?

脳トレ?

いやいや、これです。

32044747_1614083707

ドラクエ。。。(ちなみに新品で30ドル)

いやいや、ぼくなりの考えとしてはですね、
言葉って小さい頃から自然と覚えていくものでしょ?
両親がしゃべっていたり、テレビだったり。

そういえば昔、小学生の頃ドラクエやってたな〜って思って、ふと
ドラクエも英語教材になりえるのでは??って。


32044747_3780975539

「なんと、チカラの種を見つけたぞ!」 かな?

意外と簡単じゃん〜なんて思ったのは最初の一瞬のみ。

32044747_3225742053

・・・。


32044747_1885751403

たぶん、最初の指令を言ってるんだと思うけど。。
(昔の記憶が頼り)


待て待て、昔はこんなセリフ流し読みしていた気がするんだけども。
小学生の語学力って、けっこうすごいんだな。。


32044747_2312257615

なんとか時間をかけつつも、ストーリーを進めました。



32044747_1154972595

何度も出てきてわかったのは、たぶん
「bairn」って子供のことだと思う。
「tae」って、「to」って言ってるんだと思う。



32044747_3943153297

「I dinnae hae」って、「I don't have」って言ってるんだと思う。



いや、難しいぞ!英語ドラクエ。

今日は2時間ゲームしました。

今日は2時間英語を勉強しました!!!





.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本語Tシャツ

ショッピングモールを歩いていたら、視界に日本語が入ってきました。

数歩引き返してみると、ありましたありました。

正体は日本語Tシャツでした。



T

「自尊心及び戦争」   、、、とても難しい日本語だ。

それに、日本文化満載の柄。

とてもこれを買って街を歩く気はしないけど、アメリカ人うけはいいんだろうなぁ。




.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »