« バードウォッチング | トップページ | スターバックス ゴールドカード! »

確定申告 J1ビザ 3年目

はいはい、今年も来ました確定申告の時期。

とりあえず自分の置かれた状況は、
・2008年9月に渡米
・J-1ビザ
・カリフォルニア州で働く
・給料はアメリカから

J1ビザで働く人は最初の2年間は免税なので、連邦税も州税も丸々帰ってきた。
1年目 http://r-fujisan.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-cb2c.html
2年目 http://r-fujisan.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-54f9.html
それぞれのブログ参照。

今年は3年目。9月分までの給料は免税で、10〜12月の3ヶ月分の給料が課税対象になる。

連邦税に関しては、最初の9ヶ月は税を納めておらず、後半3ヶ月分は天引きされてる。
そのため申告してもあまり還付は期待されない。

一方州税に関しては1年間納め続けたので、9ヶ月分くらい返ってくると嬉しい。

現在の所有書類
W-2 (職場より)
1042-S (職場より)
1099-INT (銀行より)
1099-G (カリフォルニア州より)
(念のため、パスポートとDS-2019も用意したけど必要なかった。)

作業1
まずは連邦税
勤め先の大学にあるinternational centerに出向き、CINTAXという確定申告ソフトのIDとパスワードをもらう。
昨年まではこれでスムーズに連邦税ようの書類1040NR-EZが作れたけど、今年は3年目なので、このソフトは使っちゃダメ!と言われ、追い出されてしまった。なんでもその理由は、「あなたはもう外国人じゃないんだから」と。てことは自分はアメリカ人か?

作業2
同じフロアで働く日本人の方にアドバイスをもらい、TAXACTというオンライン書類作成サイトを使った。
http://www.taxact.com/
連邦税に関しては無料。州税は有料とのこと。
ほかにもTurboTAXなど、いろいろと似たようなサイトがある。
W-2, 1099-INT, 1099-Gの値を入力し、あっという間に1040EZが完成。
申告上、自分の2010年度の所得は10-12月の3ヶ月分と計算され超低所得者に分類されたのか、なんと納めた3ヶ月分が還付されることになり、さらに追加で400ドルくらいもらえるらしい。
完成した1040EZを見ると、8番のMaking work pay credit という項目で400ドルと記載されてる。これが鍵とみた。

オンラインでも申請できるみたいだけど、その作業がめんどくさかったので郵便で出すことに。
そういえば1042-Sって一度も登場してこなかった。書類8843もいらないっぽい。
ま、なんせ自分は税金上はアメリカ人だから?



作業3
次は州税。これはTAXACTでも作れるけど、有料だったので自分で作ることに。
去年も自分で作って、あまり面倒じゃなかったし。
去年も使った540Aをカリフォルニア州のサイトからダウンロードし、W-2や1040EZの値を入力。
計算を進めると、なんと全額戻ってくることになった。
これも連邦税同様、自分の去年の課税対象となる所得は3ヶ月分と計算され、超低所得者扱いに。そのため、結局全額戻ってくることに。ラッキー。

作業4
そんなこんなで、今年は
IRS に 1040EZ、W-21042-S
カリフォルニア州に 540AW-21042-S

を送る予定です。
期限は4月18日まで。

無事に振り込みが確認できるまでは安心できないけど、たぶん大丈夫でしょう。
また還付されたらブログ更新します。

なにかご質問、意見、間違いなどありましたらお気軽にコメント残してください。
1040EZや540Aを見たい方がいれば、コメント残して下さい。参考になるかも。

よろしくお願いします。


追伸(2011年3月21日)
結局 IRS, California state 両方に1042-Sも送ることにしました。本日郵便局へ行き郵送完了。還付は1ヶ月程度先を予想。

追伸(2011年4月11日)
3/21にどちらも郵送したけど、連邦税に関しては4/8に還付金が銀行振り込みされた。はやいっ!!やるじゃん、IRS。

追伸(2011年4月14日)
本日(4/14)、めでたく州税も返ってきました。連邦税、州税ともに申請通り。やったね!



追伸(2012年2月23日) 4年目の確定申告を行いました。詳しくはこちらをどうぞ。 http://r-fujisan.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/j14-1e3d.html

|

« バードウォッチング | トップページ | スターバックス ゴールドカード! »

コメント

はじめまして。渡米一年目の初心者です。
初めての確定申告に行き詰まっていたところ、わらさんのブログにたどり着きました。
もし宜しければアドバイスお願い致しますm(_ _)m

うちの主人もJ1ビザで去年の3月にカリフォルニアにやってきました。
連邦税はCINTAXを使ってあっという間にできたのですが、州税でてこずっています。
540NRを提出しようと思うのですが、line13 (federal adjusted gross income)に1040NR-EZのline10を記入すると"0"になってしまいませんでしたか?
もしくはschedule CAなどを提出されましたか?

突然のコメントで失礼しました。宜しくお願いします。

投稿: 初心者 | 2011年4月 5日 (火) 03時09分

おはようございます。
たしかぼくも同じような現象が起きて近くの日本人の方に相談しましたが、ゼロになってしまった場合はそのままゼロにして、その後のもゼロ続きで、ゼロで割るという数学的な問題も無視してゼロと記入して済ませたと思います。

ぼくの場合、何故かは覚えていませんが、1年目は540NRじゃなくて540 2EZを提出しました。それでもちゃんと納めた90ドルが戻ってきましたよ。

schedule CAとは540のことですか?ぼくは出しませんでした。
提出したのは540 2EZ、W-2(もしかしたら1042-Sも)です。
2年間は免税されるべきなので、もし計算上還付されなくなってしまったら540 2EZも試してみるといいかもしれませんね。

投稿: わら(管理人) | 2011年4月 5日 (火) 03時34分

さっそくご回答ありがとうございます!!
強気にゼロと記入すれば良いんですね。安心しました(^ ^)
参考にさせて頂いて、なんとか間に合うように提出します。

実は、スターバックスの記事にも影響されてゴールドカード目指し始めました。
今後ともブログ楽しませて頂きます。
重ねて御礼申し上げます☆

投稿: 初心者 | 2011年4月 5日 (火) 15時38分

どうも突然失礼します。
さて1,2年目の1042-Sですが、
Income codeは18で租税条約適用ですか?
僕はIncome codeが15で条約適用外なはずなのですが、
他の方ってどうしてるのかと思い。

あと多分ですが1042-Sは添付されて正解だと思います。

投稿: こちらも3年目です | 2011年4月 5日 (火) 16時12分

>初心者さん
ブログ見て下さってありがとうございます!かなり適当にしか更新してませんが、これからも宜しくお願いします。

>こちらも3年目ですさん
今まで注意して見ていませんでしたが、確認したところIncome codeは1年目、2年目とも18でした。
ここが15だと確かに適用外なようですね。これは留学先がNIHのような国の機関だとこうなるようですが。
http://www.wakanacpa.com/TaxWebSite/MainContents/Treaty.htm

投稿: わら(管理人) | 2011年4月 6日 (水) 02時48分

ご返信ありがとうございました!
そこはCINTAXがしっかり見ていてくれていたんでしょうね。
当方あいにくソフトは使わず行っていたので
課税対象であることはほぼ確実だったのですが、
実際に計算ソフトを使った場合はどうなのかと思いまして。

2010年はResidentになりましたが、
届いた書類は1042-Sのみなので
基本的にはW-2の代わりと思って
1040EZを作成しました。
IRSから何か来ればまたその時で。
(昨年も手紙を貰って冷や冷やしました。こちらの計算は合っていたのですが。)

それでは楽しみにブログ拝見させて頂きます。

投稿: こちらも3年目です | 2011年4月 6日 (水) 03時53分

IRSから手紙が来るんですか!?意外としっかりチェックしてるんですね。。
ちゃんと還付されるまでドキドキですね、これは。

投稿: わら(管理人) | 2011年4月 6日 (水) 04時00分

はい、手紙来ました。
届いたときはドッキリしました。
アメリカ人ですら冷や冷やするというのに。

指摘内容は、
1040NR-EZのItemized deductionのlocal taxが
収入に対して大きいと。
多分この大きい値に反応されたんだと思います。

今年もマークされているでしょうか!?

投稿: こちらも3年目です | 2011年4月 6日 (水) 07時05分

はじめまして。
私の主人も2010年4月で3年目となり、1~3月の連邦税免除をどのように申請したらよいか悩んでおり、わらさんのブログにたどりつき、私もTaxActを使って作成しているところです。

わらさんと違うところは、主人の場合は職場が1042Sを発行してくれないため、今年も1-12月の給料すべてに連邦税が課税されてしまっているところです。1、2年目もがっつり連邦税をとられていたので、連邦税免除となる旨を明記した8833を添付することで、全額戻ってきました。

"申告上、自分の2010年度の所得は10-12月の3ヶ月分と計算され”とありますが、ご自分で10-12月分の所得を算出されてW2のWagesの部分に記入されたということでしょうか?それとも1042S には課税対象の金額が記載されているのでしょうか。

主人の場合も1-3月分の給料を差し引いたものを記入するだけで戻ってくる額が1000ドル以上違うため、なんとしてもそうしたいのですが、してよいものかどうか悩んでいます。また8833に1-3月分は免除される旨を説明して添付するつもりではいるのですが。。。。Residentでは条約適用を受けることができないとも聞いており。。。


それともう一点質問させていただきたい点があります。
メリーランド州在住なのですが、1,2年目もしっかりと州税を払わされました。わらさんは丸々帰ってきたとのことですが、これはJ1の人はみな2年間は州税も免除ということでしょうか?!私の記憶では連邦税のみだと思ったのですが、もし記憶違いだったら修正して払ってしまった分を取り戻すことができるのだろうかと思い、質問させていただきいてます。

長くなりすみません!もしお返事頂けると大変助かります。よろしくお願いします。

投稿: メリーランド | 2011年4月11日 (月) 07時25分

はじめまして。
ぼくの場合は1年目、2年目とArticle-20という免税書類を出していて、たぶんそのおかげで給料から連邦税を天引きされていなかったんだと思います。
その効力が2010年9月で切れ(3年目に入ったため)、後半の3ヶ月は引かれました。

ぼくの「自分の2010年度の所得は10-12月の3ヶ月分と計算され」というのは、最初の9か月分は非課税なため、2010年度の課税対象額は後半の3か月分だけだったということです。
W-2のBox-1がたしか3か月分の給料の合計だったと思います。

ご主人さんの場合は最初の3か月分は非課税で間違いないと思うので、うまく説明して(8833の添付など?)、後半の9か月分はちゃんと納めてますよって納得してもらいたいとこですね。。


州税ですが、これは州によって扱いが違うみたいです。ぼくの周りのJ1ポスドクの方も免税なので、カリフォルニアは免税で間違いないと思います。
今メリーランド、J1、州税で検索してみたところ、メリーランドでは納めるのが義務のようなことが書いてありました。
もし可能なようでしたら、似た条件で留学されてる方に聞いてみるのはどうでしょうか?

それにしても、1-2年目は連邦税をがっつり取られ、全額返ってくるってのはすごいですね。額が額なだけに。。

参考になれば幸いです。

投稿: わら(管理人) | 2011年4月11日 (月) 07時59分

わら様
さっそくご丁寧なお返事を頂きありがとうございます!とても助かりました。始めの3ヶ月は免除になるという自信が得られました!また、わざわざメリーランドのこともお調べいただきありがとうございます。州によって違うんですね。

あとは1040で申請するか1040NRで申請するか・・・"Treatyが適用されるのはNRのみと解釈しているIRSの人が多いと聞いているので、8833を添付するならNRじゃないといけないのか、でも3年目だとふつうResidentですしね。。。わらさんのようにW2のBox1の数字をそのまま使える場合は全く問題ないと思うのですが、人為的に数字を変えて(3ヶ月分の給料を引いて)W2の数字と異なる数字を書いたら自動的に×とされないか?など心配なところです。。。

主人に、なぜ免税手続きをしなかったのか聞いてみたら、忘れてたみたいです(怒)。わらさんのようにちゃんと最初から免税手続きをしていたらこんな面倒なことにはならなかったのですがなんとかしたいと思います。

1、2年目はほんとうに何十万の単位で返ってきたので、なんだか得した気分でした。でもその分、一年目は給料が少なく、タックスリターンが入るまではかなり厳しい家計状況でした(笑)。

本当にありがとうございました!

投稿: メリーランド | 2011年4月11日 (月) 09時14分

あ!今年は1040NRを送った、なんてブログに書いてありますが、1040EZの間違いでした。。しまった、あとで更新しておかねば。

ぼくも3年目の今年は1040EZと1042-Sを出しましたけど、先日ちゃんと申請通り還付されました。
ですので、1040-EZと8833の組み合わせでも大丈夫なんじゃないんでしょうか。

メリーランドさんも無事に受理され、すぐお金が戻ってくるとよいですね!

投稿: わら(管理人) | 2011年4月11日 (月) 10時33分

わらさん
受理されたんですね!!おめでとうございます(って変でしょうか??)うらやましいです。

実は今日、確認のためにIRSに電話して3ヶ月分を差し引いた額をWageの部分に記入してよいのか、それとも他に免税になるはずの給料額を記入する欄があるのか聞いてみたんです。ものすごい待たされた挙句、得た答えは、2年間とはカレンダーイヤーのこと、つまりは2008年で1年、2009年で2年、つまり2010年の1-3月は3年目と考えるという返答を得ました。すかさず、同じような状況の人はちゃんと免税になったと言ってみたのですが、返答は同じ・・・・

うーん、やはり人によって解釈の仕方が違うのでしょうか・・・。もうこうなったらダメ元で8833で免税になると説明して強行突破したい気分なのですが、間違って申請すると確かペナルティが課されるんですよね。。。迷う。とりあえず、もう少し頑張ってみます。

投稿: メリーランド | 2011年4月13日 (水) 23時59分

わら様

すみません、もう一点だけ質問させていただけますか?
調べていたら、#20の免税措置を受けられるのは、日本でもアメリカで得た所得に対して税金を払っている人のみとの情報を見つけたのですが、やはりわらさんも日本で支払っていらっしゃるのでしょうか。

よろしくお願いします。

投稿: メリーランド | 2011年4月14日 (木) 01時00分

ありがとうございます!

IRSに電話したんですか!?すごいですね、尊敬します。
ぼくは電話が大の苦手で、いっつも避けてます。。

たまに税金関連でIRSに問い合わせた、という他の方のブログとかを見ますが、対応する人によって回答は違うそうですよ。
http://www.wakanacpa.com/TaxWebSite/MainContents/JapaneseResident.htm
ここのページにArticle20の原文が載っていますが、きっぱりと「入国日から2年間」と書いてあり、どこにもカレンダーイヤーでとはありません。

ぼくは8833を出したことがないのですが、コメントを記入できる場所はあるんでしょうか?
そしたらこの旨を書いて、だから1-3月分は非課税として計算しました、、と説明できないでしょうか?
ペナルティーがどのくらい大きいのかわかりませんが、1000ドルも大きいですもんね。

日本での税金関連は親に丸投げしてしまっているので、今度確認してみます。
でも1年目、2年目、そして今年も、日本で税金を納めている証明書などは求められなかったですよ。

投稿: わら(管理人) | 2011年4月14日 (木) 02時17分

わら様

さっそくお返事ありがとうございます。私も電話は極力避けてるのですが、思い切って電話してみました。担当がおばあちゃんだったので、話すスピードも遅く、繰り返し聞き返しても忍耐強く対応してくれました!税金を納めている証明を求められることがなかったのですね、なるほど。またサイトについても教えて頂きありがとうございます。実は、私も何度かそのサイトを訪れたのですが、原文が記載されているサイトがどうしても見つけられず、、、、。でもプロの方が記載されているのですから確実ですよね。
8833には説明文を記載できるところがあるので、説明はそれで使用と思います。

そして、本当に何度も申し訳ありません!!
もう一つ伺ってもよいでしょうか。
確か、以前に友人が前年(2009)の確定申告の際に受け取ったrefundに対しても課税されると言っていた気がするのですが、TaxActで作成した場合、2009年の確定申告で得たRefund(州税、連邦税)の額を記入することがなかったと思います。1040の説明書にも私が見た限りそのようなことは記載されていないのですが、2009Tax returnで受け取ったrefundは申告する必要はないということで良いのですよね?

ほんとに何度も申し訳ありません!!よろしくお願いします。

投稿: メリーランド | 2011年4月14日 (木) 02時23分

TaxACTの
Federal Q&A > Income > Taxable refunds of state and local taxes(ぼくの画面で、上から4つめ)

ここの項目で1099-Gを持ってますか?と聞かれ、去年の州税のrefund額を入力しましたよ。
でもあまり反映されてないような雰囲気ですが。。でもいちおう数値は入力しておきました。


それにしても、ご主人のためにかなりがんばっていますね!すごく感謝して欲しいものですね。

投稿: わら(管理人) | 2011年4月14日 (木) 02時38分

わら様
いつも早急にお返事頂きありがとうございます。
なるほど、我が家には1099-Gなるものが送られてこなかったため、私がスキップしてしまったのですね。
なぜ、送られてこなかったのか。。。。今メリーランド州の事務所そばにいるので、質問してこようと思います。

ほんとに、主人にこのお礼といってはなんですが(家のことですもんね)何かやってもらわねば笑。といっても私もがめつい性格で、脱税行為にならない中でもらえるものはもらえたら、、、、としぶとく勝手にやっているだけなのですが笑。

わらさんには本当にいつも丁寧なご回答を頂き大変感謝しております!あと少しがんばってみます。
ありがとうございました!

投稿: | 2011年4月14日 (木) 02時45分

もしよかったら結果をコメントして下さい。毎年この時期はアクセスが多く、たぶん来年以降何方かの参考になると思います。

あと数日、がんばってください!うまくいくと良いですね。

投稿: わら(管理人) | 2011年4月14日 (木) 02時50分

はい、必ず結果のご報告をします!

ちなみに、わらさんはTaxActのFREE Federal Editionで作成されたんですよね?私はDeluxe Federal Editionで作ったのですが、今、TaxActで作ったものをプリントアウトしようと思ったら、プリントアウト代として約$10請求されるんです。。。よくよく見返してみると、先日は確かにFreeとあったのに$9.95に。。。一からやり直しです。。。

投稿: メリーランド | 2011年4月14日 (木) 12時30分

是非お願いします!

TaxACTだけじゃなく、他のTaxソフトも含めてかなりトリッキーですよね。ぼくの友人もいつのまにかデラックスとかプレミアムバージョンになってて有料になりそうだったと言ってました。

大詰めですね。がんばってください!

投稿: わら(管理人) | 2011年4月15日 (金) 01時47分

わら様

ご無沙汰しております。お元気ですか?
毎日IRSから非受理の手紙が来てないかドキドキしながら待っていたのですが、本日、無事に申請額分主人の口座に振り込まれているのを確認しました!!
IRSから2年間はカレンダーイヤーであって入国後2年ではないのであなたには条約は適用されませんってはっきり言われたのにさすがアメリカですね。見る人によって結果が本当に違う・・・。粘って調べたかいがありました!

というわけで今回私が申請した方法としては

・1040jointで申請
・8833に主人がTax treaty article#20を申請できる旨を説明。実際に入国後2年間と明記されている部分を抜き取ってペーストしました。計算方法も明確に詳しく書きました。
・3ヶ月分(免税となるはずの給料分)は、我が家は2週間ごとに給料が入ってくるため、大体を計算して念のため端数切りして少なめに見積もって1040の21の欄に-(マイナス)をつけて記入しました。(これはフランス人の人がネットでこの欄に-をつけて記入すればよいと書いてあったのでそれをまねました)


2か月前のことなのでそれほど記憶違いはないはずなのですが、こんな感じです。もし他にも成功した要因があったらごめんなさい!!
もし来年度同じような問題に悩まされた方がわら様のページにたどりついたときに、少しでもお役に立てるとよいのですが。
いよいよ待ちに待った(?)夏、お忙しいと思いますがお体には気をつけてくださいね。それでは取り急ぎご報告まで。

投稿: メリーランド | 2011年5月15日 (日) 21時47分

>メリーランドさん

貴重な情報、ありがとうございます!
やっぱりIRSの方々は対応が人それぞれ違うんですね。。アメリカらしいというか、なんというか。。
無事に返ってきてよかったですね!おめでとうございます。

投稿: わら(管理人) | 2011年5月20日 (金) 05時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バードウォッチング | トップページ | スターバックス ゴールドカード! »